FXが人を引きつける特徴の1つにレバレッジというものがあります

FXが人を引きつける理由の1つである投資が少量の金額でも可能な理由は、レバレッジを使うことができるからです。
FXではFXを取り扱っている業者に入金し、それを証拠にすることによって、渡したお金の何十倍のお金の取引を行うことが可能です。
つまり、少ない金額で、大きな儲けを生む可能性が出てくるわけです。
これこそがレバレッジの利点です。
FX業者では、デモトレードを設けている場合がよくあります。
本口座開設前にバーチャルマネーにより実際に行う取引の環境を確認することが可能です。
デモですから失敗しても損失がありませんし、リアルマネーを投入する場合には恐ろしくてできるはずのないような思い切った取引を体験することも可能なのです。
FX投資により得られた利益は課税対象ですから、確定申告が必要になるのですが、年間を通して、利益を出せなかったケースではする義務はありません。
しかし、FX投資を続けようと考えているなら、利益がなかった場合でも確定申告をした方がいいです。
確定申告をしておいたら、損失の繰越控除が使えるので、最長で3年間、損益通算が可能です。
外国為替証拠金取引では投資家の失う金額が大きくならないように、一定の割合を超えた損失が生じると強制的にロスカットする仕組みを使っています。
相場が急に変動したり、翌日や週明け、大きな窓を開けて為替相場が始まるとロスカットのレベルを大きく下回ってしまい、証拠金を上回る損失金額が発生するケースがあります。