フラット35の金利優遇とは?

新築の購入は難しいけど中古住宅ならなんとか手に届きそうという方も多いと思いますが、フラット35は中古住宅購入時にも利用可能です。
しかし、その時には幾つかの利用条件があります。
建物の大きさは70ヘイホーメートル以上。
原則として2以上の居住室、炊事室、トイレ、浴室が設置されている。
耐火構造や準耐火構造または耐久性基準に適合している事。
建築確認日が昭和56年6月1日以後である事。
土台や床組等に腐朽や蟻害が無い事などがあります。
ですから、中古住宅を購入する時は不動産屋から建築確認日などの情報を入手する必要があります。
しかし、あれこれ聞くのも大変ですので手っ取り早くこの中古住宅を購入する時にはフラット35は利用可能かを聞いておくと良いでしょう。